研究・育成

「アートによる学び」の探究・開発と、次世代の学びの担い手を育成

 

  • アートによる学びに関する研究・発信・運営者育成
  • 学校や教育団体への内製化支援
  • デジタル活用によるリモートプログラムの開発
  • 身体表現や音楽等とのコラボレーションプログラムの開発
  • イベントや展覧会の実施、施設の企画運営
  • アートによる世代間、異文化等を超えたコミュニティ形成

これまでの取り組み

2019.11.23

Educators’ Summit for SDG4.7 2019

理事の長谷部が分科会⑤「SDGs×EGAKU〜STEAM教育におけるARTの可能性」を担当させて頂きました

2016.7.23-12.17

ELAB 勉強会

EGAKUの運営者育成を目的として月一回全6回実施。EGAKUの考案者であるアーティスト谷澤邦彦の哲学からプログラム開発の歴史、現在までに蓄積された対象者別の導入事例とナレッジを共有。

2008.5.31

ねむの木こども美術館アートツアー

新月ゼミの一環として静岡県掛川市にある「ねむの木こども美術館」へのバスツアーを実施。

2008.15-16

直島アートツアー

新月ゼミの一環として瀬戸内海に浮かぶ島アートな島「直島」への1泊2日のアートツアーを実施。

2007.8-2008.9

新月ゼミ

EGAKU連続受講者向けに、アートマネジメント基礎知識からソーシャルにおけるアートの歴史と役割、生き方・働き方につながるアートによる学びについてなど幅広いトピックでゼミを全12回実施。